日本旅行写真家協会ブログ

日本旅行写真家協会ブログ 会員の活動状況、製品レポート、写真教室の案内などを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さっぽろフォトステージ2009

浅野会員よりお知らせです。

浅野久男も企画運営に協力をしています、札幌の写真の"いま"と"これから"を発信することをコンセプトに、

昨年から『さっぽろアートステージ』の特別参加事業としてスタートした

『さっぽろフォトステージ』第二弾 公募展 NOW&NEXT がいよいよ明日から開催となります。

今回は公募による36名のプロ・アマ、経歴を問わず札幌とその近郊で活動するフォトグラファーによる、

テーマを問わない自由な表現で札幌の写真の"いま"が見えるショーケースを志向した展示が行われます。

浅野はピンホールカメラで撮影した大型のカラープリント二点による「海そして陸地との境目」

をとらえた作品二点を展示しています。

蒼く眼前に広がる TIDE LINE 現代の不確かな時代をあらわした作品です。

さっぽろフォトステージ2009

会期【Part2】12/2(水)~12/13(日)10:00~19:00
*12月7日(月)は休館 12月13日(日)は17時まで

公募展「Now & Next」

会場……札幌市写真ライブラリー
札幌市中央区北2条東4丁目 サッポロファクトリー レンガ館3階
地下鉄東西線 バスセンター前駅(T10) 出口8から北へ徒歩5分
TEL 011-207-4445
スポンサーサイト
  1. 2009/12/02(水) 23:01:41|
  2. 会員便り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「森と湖の楽園」から

吉岡会員よりお知らせです。

09年9月7日(月)、河口湖へ、清水国明さんの取材の写真を撮りに行きました。

「がん難民を救う会」の会報誌「この指とまれ」の10月発行誌に掲載します。

河口湖近くに、清水国明氏が、「森と湖の楽園」という施設を運営し、「自然楽校」もやっていて、

大自然の森の中にあり、くつろげます。

彼も以前ガンにかかり、治療後見違えるように回復しています。

その元気さや、家族を撮影しました。



09_9_16_yoshioka4.jpg

何と自ら作ったという自宅。「清水国明一家の自然暮らしぞ~ん」なる看板がある。

09_9_16_yoshioka1.jpg

広い地域のあちこちに、国明さんの手造り木彫が展示してある。眺めていると笑顔になる。

09_9_16_yoshioka2.jpg

腰と膝に効く体操の一部。指先だけを曲げたこのポーズから肘を近づけ40回。

腰が曲がって歩けない人も、歩けるようになるという。

09_9_16_yoshioka3.jpg

お子さんの国太郎ちゃんと、自宅前のハンモックでユッタリとくつろぐ。

copyright (c) Yoshioka Hiroshi All rights reserved




  1. 2009/09/16(水) 09:48:15|
  2. 会員便り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浅野久男写真展出展予定です

北海道の浅野久男会員からお知らせです。

●INTERFACE~ 異なるものを結び付けること ~

ピンホール・フォトフェスティバル2009,Kyoto ジョイント展覧会
開催期間:6月 6日(土)~6月11日(木)9:30~18:30(最終日18:00)
会場:エイエムエスギャラリー
(京都市中京区西ノ京銅駝町48 TEL.075-841-1470)

出展者
浅野 久男
一適 庸子
エドワード・レビンソン
ジェフ・チャップリン
長岡 誉治
濱田 トモミ
林 敏弘
藤井 智恵
矢鳴 裕見雄
渡辺 信夫


浅野は北海道各地の近代の北海道開拓や戦争の痕跡をピンホールカメラの微小な光でけずりとってきた作品を4点展示します。

●細江 英公さんはじめ、ピンホール作家、や写真家、美術家をお迎えして、ピンホール・フォト フェスティバル 2009,Kyoto のシンポジュウムに出席します。

【シンポジウム】
京都芸術センター・講堂
6月6日(土)13:00~16:00
テーマ:「ピンホール写真の今日的意義」

パネリスト:細江 英公、屋代 敏博、河井 菜摘、徳永 好恵、比嘉 良治、ステファノ・バンディーニ
司会:浅野久男


  1. 2009/06/11(木) 10:14:27|
  2. 会員便り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フォトDVD「Floating Trip」発売中

FloatingTripChuuk

FloatingTripSaipan
はじめて書き込みます。正会員の道城征央です。
4月に私の初フォトDVD「Floating Trip」がリリースされました。
日本に近いリゾート“サイパン”と、第二の故郷になりつつあるミクロネシア連邦の“チューク諸島”(旧トラック諸島)の写真を使ってのフォトDVD、2巻同時リリースになります。
「チューク諸島編」「サイパン編」とも水中を中心に写真のスライドショーによって構成されております。

“青い海に身体とココロを癒やされて・・・”をテーマにマリンスポーツ、ダイビング系DVDというのではなく、ヒーリング系・リラクゼーション系として製作しております。
そのためBGMは音楽療法士などをやられている作曲家の方に依頼。音楽と写真とのマッチングもお楽しみいただけれるのではないでしょうか。

またパパラギダイビングスクール代表・武本匡弘様、サイパンダイビングショップ「アルファプラス」代表・飯塚佳也様の他、ヒーリング系ということで横浜労災病院心療内科(勤労者メンタルヘルスセンター所長)・山本晴義様、ミクロネシア連邦駐日大使・ジョン・フリッツ様の4名の方より推薦文もいただいております。

■ご購入は販売サイト:ココをクリック
(他に「アマゾン」、ダイブショップ「コーラルスポーツ」でも販売中)

【商品の詳細】
■「チューク諸島編」「サイパン編」2巻発売中
■販売価格:各巻1,575円(税込み)
■収録時間:各巻約37分
■各巻5チャプターに分けております

  1. 2009/06/06(土) 09:45:45|
  2. 会員便り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツバル:温暖化により海面上昇、赤道直下の島の危機とゴミ問題

会員の水本俊也です。
下記のサイトに記事と写真が掲載されましたのでご紹介させていただきます。
(日本旅行写真家協会のサイトもリンクさせていただきました。)

■毎日jp
ツバル:温暖化により海面上昇、赤道直下の島の危機とゴミ問題
http://mainichi.jp/life/ecology/graph/20090126/
■ヤフー
<ツバル>温暖化により海面上昇、赤道直下の島の危機とゴミ問題
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090126-00000034-maiall-soci

2009年の旅写展「地球未来」は環境をテーマを置いたものですが、
『旅』と『環境』も決して切り離して語ることのできない関係だと思います。
みなさんのご参加が、旅写の発展に繋がりますように。

【近況】
2月上旬に4度目の南極撮影に出かけてまいります!

水本俊也HP
http://www.waterbook.net

  1. 2009/01/27(火) 06:06:11|
  2. 会員便り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。