日本旅行写真家協会ブログ

日本旅行写真家協会ブログ 会員の活動状況、製品レポート、写真教室の案内などを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ペンタックスから発売された新デジタル一眼レフK-7

プロ機としての機能を備えたペンタクスの高性能デジタル一眼レフ  報告 越 信行


この夏、ペンタックスから発売された新デジタル一眼レフK-7。

価格こそ約13万円程度ですが、その機能は、プロが仕事の現場で使っても充分に対応できる

高性能なものに仕上がっています。

手に持って撮影したときに最初に感じたのは

「これまでのペンタックスのカメラとは明らかに違う!」ということです。 

視野率100㌫の光学ファインダー、防塵防滴構造の採用とマイナス10℃で動作する耐寒性能、

秒約5.2コマの高速連写性能など、これまでのペンタックスのデジタル一眼レフにはなかった、

最強スペックがK-7には搭載されました。

特にプロやハイアマチュアが撮影する際に気になる光学ファインダー視野率が100㌫になったこと

秒約5.2コマの高速連写性能(ただしAF-S時のみ)は、

これまでのペンタックスのデジタル一眼レフにはなかった画期的な進化といえます。

価格こそ中級機と呼ばれるデジタル一眼レフと同じ約13万円ですが、

その位置づけはフラッグシップ、プロ機といえるでしょう。

背面モニターは、3.0型・約92万ドットの広視野角モニターで、

屋外の撮影においても大変見やすく、ローアングル撮影時なども見やすく、スムーズな撮影が可能です。

画質面での進化も見逃せません。

撮像素子には有効1460万画素の新開発CMOSセンサーを搭載しています。

また、進化を遂げた画像処理エンジンPRIMEⅡを搭載し、

階調豊かで高精細な画像を高速で処理できるようになりました。

ISO感度設定は、ISO100~6400(カスタム時)で、

ノイズリダクション機能併用で実際に使った感触ではISO800程度であれば

画像の荒れはほとんどなく常用範囲、もちろんISO1600、3200もざらつきは認められるものの、

違和感のあるものではありません。

この他、画質面では、白とび、黒つぶれの両方が補正できるダイナミックレンジ補正機能、

DAレンズ、DFAレンズの歪曲収差ならびに倍率色収差を自動で補正する機能、

夕日などの色成分を強調するCTEモードなど、よりリアルで、

よりスムーズな撮影を可能にしてくれる機能が充実しました。

カスタムイメージには新たに「ほのか」を加えた7種類が、

16項目のデジタルフィルターなど多彩な撮影を可能にする機能も搭載されています。

一方操作面でも大きな進化を遂げています。

レンズ交換時などに起こるゴミの問題に頭を抱えている方も少なくないと思います。

K-7にはトップクラスのゴミ除去性能を実現したDRⅡ機構が搭載され、

ゴミの付着を最小限に抑えています。

なお、ゴミの付着状況はダストアラート機能で確認することも可能です。

ボディ内手ブレ補正機構「SR」もより進化を遂げ、

シャッター約2.5~4段分に相当する高い補正効果を、装着できるすべてのレンズで得ることができます。

この手ブレ補正は動画撮影にも対応しています。

またライブビュー機能は、切り換えボタンが独立し、

ON・OFFの切り替えがとてもスムーズに行なえるようになりました。

コントラストAFのほか、自動追尾のコントラストAF、人物の顔にピントを合わせる顔認識機能なども採用、

ミラーアップ状態での連続撮影もK-7の特徴となっています。

このほか、画面の水平を確認できる水準器表示や三脚などに据え付けてから

微妙な構図の傾きを補正できる「構図微調整機能」「自動水平補正機能」を搭載。

新開発の77分割測光素子により露出測光精度も向上しています。

ユニークな撮影機能としては、露出の異なる3枚の画像を合成し、

幅広い階調の写真が撮影できるHDR機能(ただしJPEGのみ)があげられます。

1回のシャッターで露出の異なるカットを撮影、カメラ内で画像を合成し、

今までにない階調再現が可能になりました。

ほかにも新たな機能が加わる中、最後に紹介しておきたいのは、

「撮影画像に著作権情報が添付」できるようになった点です。

これに関しては、山口会長がJPSの著作権委員会として長年働き掛けて来たもので、

ペンタックスの機種においてもそれがようやく実現されました。


09_9_17_koshi_1.jpg

ISO感度を800に設定し、川面ギリギリの位置からライブビュー機能を併用し手持ちで撮影しました。

D-Range補正のシャドー補正を最大にかけ、岩肌など暗部が落ち込まないようにしています。

山間のくらい渓谷ですが、高い高感度画質とデジタルカメラの新しい機能を併用することで、

今までにない新たな表現が手軽に楽しめるようになりました。

DA17~70ミリF4AL 絞り開放 1/30秒 ISO800 NRオン ライブビュー手持ち撮影

09_9_17_koshi_2.jpg

HDR機能を使い、キバナコスモスと古墳の杉木立を撮影。

このように輝度差のある被写体をデジタルカメラは再現できず、

別々な露出のカットを2枚撮影し、後で合成するしかありませんでしたが、

K-7ではシャッターを1度押すだけで露出の異なる2枚の写真を撮り、

カメラ内で合成画像を作り出してくれます。

DA17~70ミリF4AL 絞りF11 1/125秒ISO400 HDR撮影(誇張)

copyright (c) Nobuyuki Koshi All rights reserved




スポンサーサイト
  1. 2009/09/17(木) 10:52:30|
  2. 製品レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。